メイク落としをお探しの方必見!しっかり落ちて肌ケアもできるホットクレンジングジェルを比較形式で紹介します!

【タイプ別】ホットクレンジングジェルの選び方

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/19

温感効果で汚れや角質を効率的におとせるホットクレンジングジェルですが、いろいろなメーカーから販売されているので何を基準にして選んだらいいのかわかりませんよね。この記事では3つのタイプから最適なホットクレンジングジェルを紹介します。記事を最後まで読むと、自分に最適なホットクレンジングジェルに出会えます。

毛穴が気になる人にはオーソドックスなホットクレンジングジェル

毛穴が気になる人にはオーソドックスなホットクレンジングジェルはおすすめです。毛穴の黒ずみが目立つ原因は、主に古くなった角質や皮脂の汚れが毛穴に詰まり時間が経過して酸化するのが原因です。ホットクレンジングジェルは肌を温める効果があるので、毛穴をしっかり開いて古くなった角質や毛穴の奥の汚れをしっかりと洗い流せます。

ホットタオルを使わなくてもジェル自体に温感効果があり、血行がよくなり、むくみの防止や肌のターンオーバーの改善につながります。肌のターンオーバーの周期を改善することは毛穴が気になっている人には非常に重要なので、ジェル自体に温感効果があるホットクレンジングジェル使って肌の内側からも毛穴のケアをしていきましょう。

ホットクレンジングの主流はジェルタイプです。しかしあまりにも頑固ないちご鼻や、しっかりメイクをおとしたいならオイルやパームの油分が含まれているものを選ぶとよいですね。一般的なホットクレンジングジェルはテクスチャーの厚みがあるので摩擦が少なく、肌を痛める心配が少ないのですが、洗浄力も弱めです。

オイルやパームなどの種類もあり油分が多い分、洗浄力も強いのが特徴です。ホットクレンジングジェルを何度か試して、だめならオイルやパームなどを試してみる方法もあります。

とはいえ、頑固ないちご鼻だからと焦って角質が硬いうちから無理やり洗おうとすると、余計に角質ができる原因になります。効果を感じるためには、継続的に使用して少しずつ改善していきましょう。ホットクレンジングジェルを落とすときは、少量の水かぬるま湯で充分に乳化させてから洗い流すとスッキリと洗い流せます。

乾燥肌や敏感肌はW洗顔なしのタイプを

乾燥肌や敏感肌の方はW洗顔なしのタイプがおすすめです。W洗顔はクレンジングと洗顔料を使い、メイクの油分や古くなった角質・汚れを落とせますが、必要な皮脂までまとめて落としてしまうので乾燥肌やトラブルの原因になります。W洗顔不要タイプであれば、クレンジング後でも洗顔料を使って洗う必要がなく1回で済ませることができます。

つまり肌へ負担が少ないので乾燥肌の方や敏感肌の方にはW洗顔不要タイプが最適です。とはいえ乾燥肌さんや敏感肌さんは、洗顔後もしっかりとスキンケアをしましょう。具体的にいえば洗顔後の保湿です。「え?ホットクレンジング後でも保湿をするの?」と驚かれますよね。ホットクレンジングジェルでの洗顔後は潤いがたっぷりなので洗顔後のスキンケアをおろそかにしがちになります。

しかし、摩擦が少ないジェルで洗ったとしても肌のバリア機能も一緒に洗い流されてしまい敏感になっているので、しっかりと保湿をしないと乾燥肌の原因になります。さらに洗顔後の微妙な水分をそのまま放っておくのも乾燥肌の原因になります。乾燥肌の方や敏感肌の方はとくに洗顔後のスキンケアをしっかりと行いましょう。

汚れを落として潤いをプラス。男性の肌にもホットクレンジングジェルはおすすめ!

男性の肌の4大悩みが「肌の乾燥、毛穴の黒ずみ、顔のテカリ、ニキビ」です。多少はメンズスキンケアなどでケアはしているものの、なぜか肌の悩みは減らないという人も多いですよね。洗顔で過剰に分泌された皮脂と皮脂が酸化した「過酸化脂質」を取り除くことは非常に重要です。

しかし一般的なメンズスキンケアでは、洗浄力が強過ぎて必要な皮脂や肌のバリア機能も一緒に洗い流してしまい、結果的に洗顔後も肌が乾燥する原因になってしまいます。肌は乾燥すると、体の免疫機能による防衛本能で乾燥した肌を守ろうと余計に皮脂を分泌させてしいます。

皮脂を落としたつもりが結果的に乾燥を招いて皮脂量が増える悪循環に。乾燥しやすく、皮脂量が多い男性の肌は余分なものを落とすだけでなく、しっかりとした保湿をする必要があります。ホットクレンジングジェルは汚れを落とすだけでなく、潤いもプラスします。

その理由はホットクレンジングジェルの主成分である「グリセリン」によるものです。グリセリンはアルコールの一種ですが人体にも含まれているものなので安全性があり、保湿力がたかいのが特徴です。ホットクレンジングジェルの主成分は水よりもグリセリンの方が多いので温感効果以外にも、潤いをプラスしてクレンジングができます。

「男の肌には不要だ」と思われがちですが、二十歳を過ぎたあたりから口元の肌荒れが気になり出しますし、男性でも乾燥肌の方や敏感肌の方も多いです。乾燥で肌が粉っぽくなったり、皮が剥けたりしていたがホットクレンジングジェルの保湿力のおかげで改善したという体験談も多いです。

使い心地=爽快感ではなく、使い心地=潤い感に変化するのも嬉しいですね。めんどくさがり屋の男性にはW洗顔不要のホットクレンジングジェルもあるのでしっかりとスキンケアをして潤いをプラスしてあげましょう。

 

今回は、ホットクレンジングジェルの選び方を3つ解説しました。毛穴の汚れが気になる人はオーソドックスなホットクレンジングジェルを使用し、乾燥肌でお悩みの方は洗顔が一回で済むW洗顔不要タイプを選ぶと自分の肌にあったクレンジングジェルを使えます。メンズスキンケアをしているものの肌トラブルに悩まされている男性にもホットクレンジングジェルは効果的なのでぜひ使用してみてくださいね。

ホットクレンジングジェル一覧!

商品画像
商品名マナラ
(株式会社ランクアップ)
スキンビル
(株式会社I-ne)
DUO
(プレミアアンチエイジング株式会社)
ルシフェル
ホットクレンジング
(株式会社シーアール・ラボ)
CROSS CLEAR
(CROSS UP合同会社)
特徴製薬会社との共同研究によって開発温感×酵素の「ホットアクティブ機能」1つで5役の高機能性日本人の肌質にあった使用感プロのスキンケアアドバイザーが立ち上げたレーベル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

ホットクレンジングジェル一覧!

商品画像
商品名マナラ
(株式会社ランクアップ)
スキンビル
(株式会社I-ne)
DUO
(プレミアアンチエイジング株式会社)
ルシフェル
ホットクレンジング
(株式会社シーアール・ラボ)
CROSS CLEAR
(CROSS UP合同会社)
特徴製薬会社との共同研究によって開発温感×酵素の「ホットアクティブ機能」1つで5役の高機能性日本人の肌質にあった使用感プロのスキンケアアドバイザーが立ち上げたレーベル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく