メイク落としをお探しの方必見!しっかり落ちて肌ケアもできるホットクレンジングジェルを比較形式で紹介します!

ホットクレンジングジェルの洗浄力とメイクの落ち具合を解説!

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/07/29

クレンジングで汚れをしっかり落とすケアことは、美しい肌を保つために最も大切といっても過言ではありません。しかし一般的なクレンジング剤は洗浄力が強すぎることで肌荒れや肌の乾燥の原因になる恐れがありました。そこで肌に負担が少なくメイク落としが行えるアイテムとして、ホットクレンジングジェルが注目されるようになっています。

ホットクレンジングジェルはどのような特徴を持つ?

ホットクレンジングジェルは一般的なクレンジング剤とは特徴が異なり、水に触れると発熱する「グリセリン」が含有されている特徴を持っています。グリセリンの温熱効果によって、肌を温めることが可能になり毛穴が自然と開くことで中に入り込んだメイク汚れや、皮脂汚れなどを優しく洗い流すことができるメリットがあります。

通常のクレンジングだけでは、肌表面の角質汚れやメイク汚れは綺麗に落とすことができても、毛穴の奥に入り込んだメイク汚れや蓄積している黒ずみなどは落としきれないデメリットがありました。しかし温熱効果によって肌を柔らかい状態に近づけ、ゴシゴシこすらなくても最小限のケアで毛穴汚れをすっきりさせることが可能です。

またマッサージジェルとしても活用することもできます。弾力のある厚めのテクスチャは、肌になじませても摩擦を最小限に抑えることができるので、クレンジングをしながら顔全体を優しく丁寧にマッサージすることで、顔の血行促進を促して汚れを落とし、洗い上がりが弾力のある引き締まった素肌に整える効果が期待できます。

冬場は毛穴が引き締まりやすいため、汚れをキレイに落とすためには、ホットタオルやスチームの効果によって毛穴を広げてからケアをする手間がありました。しかしホットクレンジングジェルを活用すれば、冬場でも温熱効果で肌を柔らかく毛穴を広げることが可能なので、洗浄力とマッサージ効果で毎日のお手入れで美肌に近づけることができると人気が高まっています。

ホットクレンジングジェルの正しい使い方

実際に自宅でホットクレンジングジェルを利用する場合、正しい利用方法を理解しておくことで美容効果を得ることができます。肌に直接ジェルを使用する際には、乾いた肌に使用する必要があります。濡れた肌に使用すると温感を感じにくくなることや、メイク汚れが落ちにくくなってしまうので必ず手のひらや肌は乾いた状態で利用するようにしましょう。

バスタイムに使用する時などは乾いたタオルで水分を拭き取ってから利用することが大切です。次にジェルを肌にのせる量は、規定量よりも少し多めに使用すると厚みのあるジェルが顔全体に馴染みやすくなり、マッサージを行う際の摩擦を最小限に抑えてくれるので少し多めに使用することがポイントです。

ホットクレンジングジェルを手のひらにのせたら十分に温めてから顔の中心から外側に滑らせ、ジェルを塗り拡げていきます。顔全体に均等にジェルをのせたら、後は指の腹を利用しながら顔のラインに沿って優しくマッサージをしていくと、メイク汚れが温熱効果によって浮かび上がっていきます。

洗い流す前にかならず行うべきなのが、水を少量足してジェルを乳化させることです。これをしないとメイク汚れや角質汚れなどが十分に洗い流せないので、必ず水を足してジェルが白くなるようになじませていきましょう。後は30~35度のぬるま湯で優しく洗い流し、洗い残しがないように顔全体をすすげば完了となります。

失敗しないホットクレンジングジェルの選び方とは

現在さまざまなメーカーからホットクレンジングジェルが販売されていますが、失敗しないための選び方のポイントは洗浄力が高い物や添加物の多いものは避け、ダブル洗顔不要なタイプを選ぶことです。

まず洗浄力が高いと謳っているタイプは、石油系界面活性剤やエタノールといった洗浄成分を配合しており、健やかな肌に必要とされる皮脂や保湿成分を必要以上に洗い流してしまう原因になります。皮脂を過剰に除去してしまうと、テカリの原因となり毛穴詰まりなどのトラブルにつながる可能性があります。

肌の乾燥はバリア機能の低下にもつながるので、洗浄力が高すぎるものは避けて適度に潤いを補ってくれるタイプを選ぶようにしましょう。また肌への摩擦や負担を最小限にするためには、敏感肌でも利用できる添加物を使用していない無添加仕様のタイプや、植物由来成分や美容成分が配合されているものを選ぶと、敏感肌の方でも肌トラブルが起こるのを最小限に減らすことが可能です。

クレンジング製品によっては、クレンジング使用後に洗顔料が必要な場合がありますが、何度も繰り返し肌に負担を与える原因となります。摩擦を減らすためにもダブル洗顔不要のタイプを選ぶことが大切です。

肌を綺麗に保ちたいからと1日に何度も洗顔を行うと、顔に必要な皮脂や保湿成分を失うため肌の老化の原因になります。ホットクレンジングは洗い残しが出る可能性があるので、すすぎやすく肌に優しい物を選ぶようにしましょう。

 

温熱効果のあるグリセリンを配合した、ホットクレンジングジェルは一般的なクレンジング製品と比較して肌への負担が少ないことが特徴です。ただ独特のテクスチャをしているため、正しく使い方を理解していないと使い方を間違えて乾燥肌の原因になる恐れがあります。メイク汚れを綺麗に落とし、美肌に近づけるためにも特徴を理解して正しく利用しましょう。

ホットクレンジングジェル一覧!

商品画像
商品名マナラ
(株式会社ランクアップ)
スキンビル
(株式会社I-ne)
DUO
(プレミアアンチエイジング株式会社)
ルシフェル
ホットクレンジング
(株式会社シーアール・ラボ)
CROSS CLEAR
(CROSS UP合同会社)
特徴製薬会社との共同研究によって開発温感×酵素の「ホットアクティブ機能」1つで5役の高機能性日本人の肌質にあった使用感プロのスキンケアアドバイザーが立ち上げたレーベル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

ホットクレンジングジェル一覧!

商品画像
商品名マナラ
(株式会社ランクアップ)
スキンビル
(株式会社I-ne)
DUO
(プレミアアンチエイジング株式会社)
ルシフェル
ホットクレンジング
(株式会社シーアール・ラボ)
CROSS CLEAR
(CROSS UP合同会社)
特徴製薬会社との共同研究によって開発温感×酵素の「ホットアクティブ機能」1つで5役の高機能性日本人の肌質にあった使用感プロのスキンケアアドバイザーが立ち上げたレーベル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく