メイク落としをお探しの方必見!しっかり落ちて肌ケアもできるホットクレンジングジェルを比較形式で紹介します!

ホットクレンジングジェルの効果を高めるポイント3つ

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/10/20

ホットクレンジングジェルは温感効果でしっかり毛穴を開き、詰まった汚れや古い角質を取り除いてくれます。効果を最大限に発揮させるには、しっかりとポイントをおさえて使用することが大事です。この記事ではホットクレンジングジェルの効果を高めるポイントを3つ紹介します。普段のクレンジングから美しい肌を作っていきましょう。

手のひらでしっかり温めてから

ホットクレンジングジェルを使うときは、しっかりと手のひらで温めてから使うのが大事です。なぜなら、ホットクレンジングジェルの主成分は水ではなくグリセリンだからです。

グリセリンとはアルコールの一種で、水と混ざると発熱する性質をもっています。そのためホットクレンジングジェルを使うときは手のひらで温めてからお肌に使うと温感効果を得られるので、しっかりと毛穴が開き、毛穴の奥に詰まった古い角質や汚れをおとせます。

手のひらにホットクレンジングジェルを乗せる量は直径約2.5センチが適量です。少なすぎても多すぎても洗いづらくなってしまうため、使用するホットクレンジングジェルの適量を守りましょう。

手のひらにのせたジェルをそのまま顔にのせるのもNGです。ジェルを両手ですり合わせ、手のひらで温めることでやわらかくなるので顔への馴染みがよくなります。手のひらのジェルを擦り合わせて柔らかくなったタイミングで顔にのせましょう。

ホットクレンジングジェルを使うときは、強くゴシゴシ洗うのもNGです。必要な皮脂まで落ちてしまので乾燥肌の原因になります。ホットクレンジングジェルを使うときは、手のひらでしっかりと温めてから使いましょう。

熱すぎるお湯は使わない

洗顔したあとはついつい熱いお湯で流したくなりますよね。しかし、熱すぎるお湯は使わないようにしましょう。なぜなら熱いお湯でジェルを洗いながすと、乾燥肌の原因になるからです。グリセリンはアルコールの一種なので、熱すぎるお湯を使うと一気に蒸発してしまい結果として乾燥肌の原因になります。高い保湿性を持っているグリセリンですが熱すぎるお湯は乾燥肌の原因になるので注意しましょう。

熱すぎるお湯以外にもシャワーの水圧にも注意が必要です。ホットクレンジングジェルの温感効果により、毛穴はしっかり開いた状態です。強すぎるシャワーの水圧は毛穴がさらに開く原因になるので、シャワーの水圧は強すぎないようにやさしく洗い流しましょう。

洗い流すときは乳化をするとスッキリ洗い流せます。乳化とはお湯と油を混ぜ合わせることで、濡れた手で顔全体を撫でてなじませることで、ジェルとお湯がまざり乳化してスッキリ洗い流すことができます。さらにさっぱりと洗い流したい場合は、乳化の工程を行うと、よりスッキリと洗い流せます。その後はすすぎ残しがないようにしっかりと生え際や小鼻のわき、フェイスラインを中心に洗い流しましょう。

洗顔後はスキンケアをしっかり

洗顔後の肌はデリケートで通常よりも乾燥しやすい状態です。ホットクレンジングジェルは保湿性が高いので洗い上がりが潤いたっぷりですが、洗顔後はスキンケアをしっかり行いましょう。肌に残った水分は乾燥の原因になるからです。

洗顔後のスキンケアを怠ると、肌のつっぱり感や乾燥の原因になりかねません。保湿性が高いホットクレンジングジェルでの洗顔後でも油分や保湿成分でしっかりと肌に蓋をしてスキンケアをしましょう。

ホットクレンジングジェルは保湿性に優れているので洗い上がりは潤いがあるように思えますが、洗顔によって潤いを守る肌のバリアが流されている状態です。つまり一時的にバリア機能が低下しているので、乾燥しやすい状態ということなのです。ホットクレンジングジェルでの洗顔後でもしっかりとスキンケアをして肌の乾燥を防ぎましょう。

洗顔後のお肌に必要なものは、うるおいを補うための水分と、それを密封するための油分です。時間が経過すればするほど乾燥する原因になりますので洗顔後はなるべく早くスキンケアを行いましょう。

洗顔後のスキンケアの手順はまず、化粧水でたっぷりの水分を補うことです。とはいえ洗顔後のお肌はデリケートなので過度の刺激はNGで、叩いたりしないよう顔全体に化粧水の塗り残しがないように注意しましょう。たっぷりの化粧水で水分をおぎなった後は、乳液やゲルで水分と油分をつつみこみます。目の周りや口の周り、頬まわりは乾燥しやすいので乳液やゲルを重ね塗りすればより乾燥をふせげます。

仕上げにクリームなど油分が多いアイテムで蓋をすれば洗顔後のスキンケアは完璧です。ホットクレンジングジェルでの洗顔後でもしっかりとスキンケアを行いましょう。

 

ホットクレンジングジェルの効果を高める3つのポイントは、手のひらでしっかりあたためて顔に乗せること、熱すぎるお湯で洗い流さないこと、洗顔後でもしっかりスキンケアをすることです。

ジェルをあたためてから顔にのせることで、より温感効果を得られるので効果的に汚れや角質を落とせます。ホットクレンジングジェルは保湿性が高いのでついついスキンケアを忘れてしまいがちですが、洗顔で肌のバリアの一緒に流れてしまっているのでバリア機能が弱まり、乾燥しやすい状態になっています。ホットクレンジングジェルでの洗顔後もスキンケアをしっかり行い、潤いのある肌をいつまでもキープしていきましょう。

ホットクレンジングジェル一覧!

商品画像
商品名マナラ
(株式会社ランクアップ)
スキンビル
(株式会社I-ne)
DUO
(プレミアアンチエイジング株式会社)
ルシフェル
ホットクレンジング
(株式会社シーアール・ラボ)
CROSS CLEAR
(CROSS UP合同会社)
特徴製薬会社との共同研究によって開発温感×酵素の「ホットアクティブ機能」1つで5役の高機能性日本人の肌質にあった使用感プロのスキンケアアドバイザーが立ち上げたレーベル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

ホットクレンジングジェル一覧!

商品画像
商品名マナラ
(株式会社ランクアップ)
スキンビル
(株式会社I-ne)
DUO
(プレミアアンチエイジング株式会社)
ルシフェル
ホットクレンジング
(株式会社シーアール・ラボ)
CROSS CLEAR
(CROSS UP合同会社)
特徴製薬会社との共同研究によって開発温感×酵素の「ホットアクティブ機能」1つで5役の高機能性日本人の肌質にあった使用感プロのスキンケアアドバイザーが立ち上げたレーベル
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく